cafe葛西店の『釣り日記』

葛西のシーバスフィッシングを中心に、釣行にまつわるあれこれを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イワシ・フィーバー

魚の引きが恋しくて、若洲に行ってきた。

いつも若洲に行く時には、現地の売店でコマセを買っていたのだが、前回行った時は絞り出し式の奴しか残っていなかった。そこで、今回はしばらく前から釣りに行きたかったこともあって、事前に上州屋で冷凍アミを買っておいた。今日はそれを午前中から解凍しておいた。出動は、家で昼飯を食べてからだ。

すっかり慣れた新木場からのバスで、若洲に着いたのは午後も2時になろうという時間だ。この燦々と陽の照っている時間帯はまず釣れないのだが、ついつい気が急いて早く到着してしまう。

見渡すと、平日にも関わらずかなりの人出だ。釣り座を探すと、けっこう奥まで行かないと空いていない。ようやく見つけた場所で竿を出すが、やはり陽の高い間は魚信もない。置き竿にしたまま、本を読みながら時合いを待つ。少し離れたところから、小メジナが釣れたと浮かれている声が聞こえてきた。

4時も回った頃になって竿を振り始めると、ようやく煮干しサイズのカタクチイワシが1尾かかった。取りあえず、ボウズ逃れはできたものの、後が続かない。しばらく粘っても何もないので、このままでは寂しいなぁと思っていたら、水面が騒がしくなり始めた。ボラの子かと思っていたら、これがイワシの群れだった。この群れのおかげで2尾目が来たが、またしばらく音沙汰がなくなる。

これが、陽の暮れはじめた5時前から状況が変わり、群れが頻繁に寄ってくるようになった。周りの釣り人も、群れの来る度に歓声が上がる。フィーバータイムが来たっ。ただ群れの移動が早く、しかもサビキの上の方の鈎にしか掛らないので、手返しがたいへんだ。1尾掛ると抜き上げて、魚を外したら、右手でクーラーに放り込みながら、左手で仕掛けを投入しないと群れが去ってしまう。これを繰り返している間に、すっかり陽が暮れた。

さすがに暗くてサビキ仕掛けも見えなくなってきたので、竿を置いたまま他の道具の片付けをしていた。すると、その間に、また3尾付いている。いい気になって、もう一度仕掛けを下したが、さすがにもう寄ってきそうになかった。堤防を照らす灯りを頼りに竿をたたみながら、気付いた肌寒さに秋の深さを感じたのだった。

tide
 中潮
point
 若洲(若洲海浜公園)
result
 カタクチイワシ25尾




にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

若洲でアジ

先日のサッパの大漁が忘れられず、また若洲に。

前回は思いつきで行ったので、出際にだいぶどたばたした。その反省で、今日は事前にバスの時間に合わせて電車まで調べて出発。それも現地に着くのが昼前になるほどの、周到ぶり。だが、この時間設定はダメだった。

残暑の日差しが燦々と照り付ける、若洲の堤防に立つ。売店のおやじ曰く「堤防の真ん中辺り」を信じて釣り座を構えるものの、どうも釣れる気がしない。結局、この前サッパを釣った先端近くまで移動する。だが、ここもサッパを1尾、カタクチイワシの煮干しサイズを2尾掛けたぐらいで、後が続かない。やはり、昼日中、それも潮止まりとなると、釣りに向かないらしい。

日が傾くまで、隣の釣り座のお爺さんの昔話を聞いたり、本を読んだりしながら、置き竿で過ごす。それでも午後の3時を回ると、さすがにどこかで釣れているのではと堤防をうろうろ徘徊している間に、サッパを釣り揚げている子供たちを見つけた。大人の威厳などかなぐり捨てて、すぐにその脇に釣り座を移す。

若洲の堤防


するとぽつぽつとサッパが掛る。魚より先に自分の活性が上がり始めたところで、魚信が来て竿を絞りこまれた。糸が鳴る。すっかりサッパだと思い込んでいたので、そのまま抜き上げると、思ったよりも大きな魚が。あれ?アジだっ。それも大きい。ちゃんと計らなかったが尺あるかないか。若洲にもアジが来るんだなぁ。

若洲のアジ

だがアジの喜びは長続きせず、その後は反応が悪い。隣の子供たちや、その向こう側で釣っている初老の夫婦は、次第にサッパを釣り揚げる頻度が上がってきている。そこで、その間隙に割り込んでみたのだが、釣れないことはないけどね程度で、やはり魚信が少ない。片や、子供チームはコマセも使わず集魚板らしきものを付けたサビキで、ほいほいと釣っている。うーん。何が違うんだろう...

その内に、子供たちが帰って釣り座が空いた。すぐにそこへ移動、しばらくやってみて、ようやく分かった。今日のタナは低いんだ。錘が底に着くぐらいで待っていると、ほとんど入れ掛かりになる。前回は表層だったので、そのイメージから抜け出すのに一日かかったってことだねぇ。

tide
 若潮
point
 若洲(若洲海浜公園)
result
 アジ1尾、サッパ22尾、イワシ2尾




にほんブログ村 釣りブログへ

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

サビキでサッパ

ふと思い立ち、昼飯後に若洲海浜公園へ。最近、どうした訳かコハダに凝っているので、それに近いサッパが釣れると良いなぁと思ったのだ。

急に出かけることにしたので、駅に向かう途中でバケツを忘れたことに気付く。それでも、取りに戻って、葛西臨海公園までは自転車、京葉線で一駅の新木場駅へ、そこから本数の少ない若洲キャンプ場前行きのバスにも間に合い、無事に若洲へ。

キャンプ場横の売店でコマセを買いながら、釣況を聞く。堤防の中央から先端にかけてなら、イワシが釣れているとのこと。イワシでもいいなと方針変更で、平日の割に人の多い海浜公園の堤防を、なるだけ先端に向かって空いている場所を探しながら歩く。すると、真ん中辺りの釣り人のバケツに、元々の狙いのサッパがどっさり入っていた。

そこから、さらに先端に向かい、空いている場所に釣り座を構える。だが悲しいかな、コマセを使ったサビキ釣りの経験があまりなく、もたもたと準備を済ませたものの、釣り方がわからない。取りあえずコマセが散るように上下にしゃくってみるが、なんだか反応が出そうな気がしない。

コマセまで使ってボウズってのも寂しいなぁ。と、ちょっぴりおセンチになっていたら、隣で釣っていた人がサッパらしきものを揚げはじめた。それを見て真似をしてみながら、仕掛けを一旦上げようとしたら、そこで初めて魚信が来た。どうも、それまで探っていたタナが低すぎたらしい。水面直下が一番反応が良い。そこからは多少の波はあるものの、釣れ続けた。いやぁ、楽しいねぇ。ちなみに周りの人たちは、釣れたサッパで泳がせ釣りをやっているらしく、堤防の外側に竿を出していた人はフッコを揚げていた。売店のお兄ちゃんが言っていたイワシは出ず。

家に帰ってから数えてみると28尾。奥さんの頑張りでママカリにしてみた。美味しいことに期待。

ママカリ作成中


tide
 大潮
point
 若洲(若洲海浜公園)
result
 サッパ28尾




にほんブログ村 釣りブログへ

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

yoich

Author:yoich
好きなものはソルトルアーに読書にカメラ、ジャズもいいなぁ。あとセクシーギャルもね...

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

葛西 (16)
中川 (1)
砂町 (2)
新木場 (1)
若洲 (3)
有明 (1)
房総 (2)
江戸川放水路 (1)
未分類 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。